2016年10月30日

検定試験

 いい行楽日和となった秋の休日、某検定試験を受けてみた。

 3年前にふと思いつきで問題集を買ってみたものの、まったくわからずトットと諦めて、昨年は、取りあえず試験に申し込んでみたものの仕事の関係で試験が受けられないことが分かり、勉強する気にもならずにいた。

 今年は、春のケガでまだまだ長距離は走れそうになかったし、子どもも家を出て比較的静かな家の中で、時間もそれなりに確保できそうだし、少しまじめに挑戦してみるかと、参考書なんぞを買うと、「必要な学習時間は300時間」とさらりと書かれていた。思い立ったのが本番3ヶ月前。無理無理と思いつつも、試しに学習応援アプリで測ってみた時間数は、試験前日までで約130時間だった。まずまずそれなりに頑張ったかと思うが、やはり時間数は足りていなくて理解できていないところがいくつも残り、過去問題をやってみても合格ラインには届いていない。

 いざ本番を終えて自己採点の結果は、ラグビーと同じで大金星はなく実力通りに及ばずだった。

 今回、数十年ぶりに勉強机に向かっての学習をしてみたが、その記憶力の悪さには往生した。いっぱい線を引きながら読み進めた参考書のページを、後日再度見直しても、何の記憶もなくまったく初めて読んでいるような気になってしまったことが何度もあった。人間は忘れる動物だと思ってみても、その覚えてなさにはさすがにヘコまされた。

 まぁでも今回比較的短期間ではあったがチャレンジしてみて、いかに学習の時間を確保するか、時間のマネジメントを考える機会になったし、短い時間のわりにそれなりに点数はとれたし、それにマラソンと同じで何かに挑戦してみる、という心地よい緊張感も味わうことができた。本番に体調を崩さない、トイレ問題の対策などは、まさにマラソンのレースと同じだ。

 せっかくこの三ヶ月詰め込んだ知識、放っておけばあっという間に溶けてなくなるだろう。来年に向けて地味に積み重ねていきたいところだが、しかしそんなに気力が続くかどうか。
 
posted by お・ at 09:59| 和歌山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

スポーク修理

 あっという間に8月になったが、7月から自転車通勤復活。
 それに先駆けて一本外れていたスポークを修理した。

 スポークって太さや長さですごく細かく分類される、とは露知らず長さだけ測って、写真を撮影し、大阪に行ったついでにショップを何軒か訪ねた。が、いずれのお店も、太さと正確な長さがわからないと難しいとのこと。聞くと少しでも長すぎるとリムから突き出てパンクの原因になるらしく、言われてみれば当たり前のことだが、そんなことにも気づかない素人。

 まぁでも高いものでもないし、せっかくお店に来たしで、だいたいこれぐらい、というのでとりあえず2軒お店を回ってそれぞれ微妙に長さや太さの違うものを3本買ってみた。しかし、帰宅して装着してみるといずれも少し長かったり細かったりで、全て合わずに惨敗。結局、壊れたスポークの現物を持って地元のショップで見てもらって買っものがピッタリはまって無事に修理できた。

 今回何軒か回ってみて、スポーク一本もお店によって値段も大きく異なることがわかり、それも勉強になった。

 大阪駅近くのビルに入居する高級ショップでは、その場でネジを切って作ってくれて、150円。
 ロードサイド型の量販店では、50円。
 地元のお店が、100円

 ちなみに、量販店で買ったニップル回しが、432円だったのに対し、高級ショップでは、なんと(確か)1300円ぐらいだったような。一軒目に行ったのが高級店で、最初何も考えずにレジに持って行こうとしたが、値段を見て元に戻してしまった。きっと使い心地などは全然違うんだろけど、そこまで高級なものは求めてない。

 まぁそんなこんなで無事修理もでき、そこそこ自転車通勤にも慣れてきた7月下旬、久しぶりにベンチプレスをやってみたら、なんとケガの前と比べて、半分の重さしか上がらなかった。
 まぁそんなもんかと思いつつも、これはこれでなかなかショックなものだ。

IMG_2606.jpg
こんなエエ加減な写真を見せながら買っていた次第。そりゃお店の人も困るっちゅう話だ。
 
posted by お・ at 22:19| 和歌山 ☀| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

64(ロクヨン)

 春先の自転車事故の入院生活のおかげで、少しばかり読書の習慣が身についた。

 知った方のSNSで、「64(ロクヨン)」の映画を楽しみにしている様子の書き込みを目にし、たまたま新聞で主演俳優のインタビュー記事を読んで、そんな折に東京出張があって代官山蔦屋に行きせっかくなので何か買いたい気分になっているところに、頂き物の図書カードも持っていて、お店では一瞬、ターザンの腹筋を鍛える特集の本なども手に取ったが(笑)、やっぱり思いとどまって、「64(ロクヨン)」を上下巻で買った。

 登場人物がすごく多く、特に最近人の名前を覚えるのが不得手になってきているのもあり(T_T)、なかなか読み進められなかったが、上巻の終盤あたりから一気に引き込まれて(といっても購入して二ヶ月以上経って)読了。面白かった。

 映画の主演が佐藤浩市というのを知って読んだので、ずーっとその顔でストーリーが進んでいったのは、イメージはしやすかったが、知らずに読んだほうがよかったのかも。
 以前友人と映画化の作品について、先に読んでから映画か、映画を見てから原作か、という話になったことがあったが、やはり真っ白な状態で読んで、あとから映像を見るほうがいい派かな。ただ、まだ映画を観てないので、さて映画がどこまで楽しめるのか…。まぁそれも楽しみ。

  



posted by お・ at 15:13| 和歌山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする