2017年04月04日

あっという間の一年

 そういや、チャリンコ事故の大けがから一年が過ぎた。ホントあっという間。

 まだ左手の指先の痺れは取れず、右半身の温度感覚も少しおかしい。ほかにも右半身の力の入り具合や左腕のこわばりなど、いろんな細々した諸症状が残っている。まぁでも日常生活に支障はないし、それなりに運動もできるようになってきた。

 入院時やその後も、負傷したことや身体が不自由な状況でも、そのうちなんとかなるだろうと、さほど悲観的にはならなかった。しかしその後、熊本地震が発生し災害現場のニュース映像を見ているとき、この現場で力仕事が何もできない今の自分は全く役に立たんなぁ、と思った時がなんだか一番悲しかった。
 今もケガの前よりは、力仕事が弱くなっている。特に持久力がないような気がする。それでも、先日も子の引っ越し作業もそれなりにこなせたし、まぁ一般的な筋力には戻ってきているんだろう。

 久しぶりに、一年前の自分のブログを読み返すと当時のことがよみがえってきて、今の身体のありがたさを改めて感じることができる。諸症状については数年かけての回復は覚悟の上だし、実際に少しずつながら回復の様子を体感している。

 いろんなありがたさ、肉体の変化、これまでになかった感覚、ケガや食事に関する新たな知識、様々なことを感じ学ぶことができて、それはそれで貴重な体験をしていると思う。筋トレは傷つけた筋繊維の回復で増強するのと同じく、やはり困難を経験するとその分なにがしかの強さが備わる。
 
posted by お・ at 22:06| 和歌山 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする